高圧ブラスト

2020年3月5日木曜日

2020.3.5 ブラスト現場におけるコロナウイルスの対策について (2) 対象物に付着したウイルスの除去

あまり、現実的ではないかもしれないが、この薄気味悪いコロナウイルスの状況を少しでも打破できる考えをブラスト処理の面から記載してみた。

以前O157のようなウイルスではなく菌に対して有効だった方法に
ウエットブラスト+重曹という方法で対応したことがある。
また、放射能の除染作業もブラストを採用しているので、それなりの効果は
あるはずだ。しかし、ウイルス自体はそれほど強力な生命力を持つものではないので
屋外において紫外線を数時間浴びれば滅菌するはずである。

例えば、どうしても屋内でアルコールやそのほかの除菌溶剤を使用できない場合には有効ではないかと思う。高圧洗浄機でも同様の効果が得られるはずであるからブラストに限ることはないと考える。
その際だが、やはり着用する防具はヘルメットタイプの防塵面+防護服が必要であろう。
あとは大量の水を使用し洗い流すしかない。
この方法の場合は、研削材自体の再利用は考えない方良い。
短時間においてもウイルスの濃度が高まるからであり、廃棄処分が適切ではないか?とおもう。

いずれにしても、人間の体内から発生するものなので感染に関しては「人としてのモラル」が問われるだろう。例えばエチケットでマスクを自分からすることにより周りが少しでも安心させることが重要である。だから買い占めたり、意図的にマスクを着用せずに人と接する行為は既に協調性がなく人として失格な行為である。

0 件のコメント:

コメントを投稿